made in Poland

クリスタルキンガの原産地は中央ヨーロッパにあるポーランドです。自然の豊かなWielkopolska地方のクォダバ塩鉱から安全な基準で採掘されています。地殻変動の影響から、比較的浅い場所(深さ450〜750m)に岩塩層が隆起し鉱床は全長約63km、幅約4kmにおよびます。ポーランドの岩塩採掘の歴史は古く、現在は休鉱となり世界遺産に指定されている塩で作られた地下礼拝堂「ヴィエリチカ岩塩鉱」は世界中から見学者が訪れる場所です。

その昔、ハンガリー王女キンガ姫はポーランド王子と婚約しました。 当時、ポーランドには塩鉱がなかったため、キンガ姫は強く念じながら岩塩鉱へ婚約指輪を投げ入れました。 すると、王子のもとに向かう途中、井戸からその指輪が現れ、そこから塩があふれたと伝説は伝えています。それ以来、「聖キンガ」は岩塩鉱山の守護神になりました。

自然豊かなポーランド
岩塩
聖キンガ

2億年前からの贈り物

クリスタルキンガの岩塩は、ペルム紀(今から約2億9000万年前から約2億5100万年前までを指す地質時代)にヨーロッパ領域にできた塩湖であるZECHSTEIN(ツェヒシュタイン)海の堆積物が、地層の圧力を受けながら長い年月をかけて結晶化したものです。地球がつくり上げた太古の海の恵みをお楽しみ下さい。

岩塩の成り立ち1
約2億5千万年前にヨーロッパ領域にZECHSTEIN(ツェヒシュタイン)海ができました
岩塩の成り立ち2
地殻変動でZECHSTEIN(ツェヒシュタイン)海が塩湖になり
岩塩の成り立ち3
やがて塩湖の水分が蒸発し、塩の結晶化がはじまります
岩塩の成り立ち4
塩の堆積物が地下に埋まり
岩塩の成り立ち5
地層の圧力を受けながら岩塩層になりました

こだわったのは自然のまま

岩塩鉱山

岩塩を伝統的な技法で採掘し、そのまま粉砕してパッケージングしています。純度の高いクリスタルキンガの岩塩は、岩塩の製法で一般的に用いられる、水に溶かし煮詰めて塩を精製する作業を必要としません。自然の成分を保った、ありのままの岩塩をお楽しみ頂けます。固結防止剤等の添加物は一切使用しておりません。

クリスタルキンガが出来るまで

製造工程1
採掘
製造工程2
粉砕&不純物除去
製造工程3
パッケージング

ひとふりの満足感

ひとふりの満足感

上質でクセのない、まろやかな味わいが特徴です。味を主張しすぎることがないため野菜、肉、魚など素材本来のうまみを引き立てます。料理の下味付けにはもちろん、ステーキ・炒め物・サラダ・天ぷら・寿司・おにぎり・漬け物・お菓子づくり・オリーブオイルやハーブを使った料理におすすめです。和食・洋食・中華と幅広くお使い頂けます。いつもの食事をちょっと贅沢に!素材をおいしく頂けます。

塩かどやくせがないため、どんなお料理にもお使い頂けます。

塩かどやくせがないため、どんなお料理にもお使い頂けます